借地権の種類について知る

借地権の種類の中で、建物所有を目的とする場合は2つに分けられます。それが地上権と賃借権となります。地上権の場合は、その土地の権利を登記、いわば地上権の土地上にある建物を第三者に売却したり転貸したりすることが自由なため、土地を借りている側に有利なものとなっています。そのため、自由度が高く、扱いやすいものとなっています。しかし、使い勝手の良い一方、賃借権の場合には売却や転貸にあたり、あらかじめ土地所有者、いわゆる地主の承諾を得なければなりません。

借地権のマンションについては、多くの場合は地上権となっていますが、賃借権のものも少なからず存在しています。バブルの頃には地主の名義書き換え料金をめぐって、大きな問題になることも多くありました。現在では、その承諾料もだいぶ低額に抑えられているようです。また、以前よりも土地の高騰などが減ったこともあり、そういった問題は減っているようです。その一方で、借地権の一戸建て住宅はほとんどが賃借権です。賃借権の場合は土地を買うよりも短い期間なら安く済むからです。また、建物所有を目的としない借地権、駐車場やプレハブ小屋といった仮建物などは、借地借家法でいう建物に入らず、借地権には該当しません。