普通借地権と定期借地権について

1992年に施行された借地借家法で新設されたのが残り2つの借地権となります。このうち普通借地権とは当初の借地期間が30年、1回目の更新は20年で、2回目以降の更新は10年となる制度です。この普通借地権でも地主に正当事由がなく、借りている人が望めば契約が自動的に更新されてしまいます。そのため、相手が返したくない、といった場合ならずっと返してもらうことができない場合もあります。そのため、借りている人から見れば土地を所有する場合とさほど変わらないものとも言えるのです。この普通借地権は地上権と賃借権の2つに分かれており、地上権なら第三者へ自由に売ったり貸したりすることができますが、賃借権の場合は地主の承諾が必要となり、煩雑な行為と料金を取られることとなります。

一方で、定期借地権とは、文字通り期間に定めのある借地権のことを言います。普通借地権と違い、契約の更新がなく、期間満了時には土地を更地に戻して地主に返還することが原則となります。契約期間は住宅一般定期借地権の場合、50年以上とする場合が一般的です。第三者へ売ったり貸したりすることも可能ですが、賃借権方式においては売るときに地主の承諾が必要となっています。