月別アーカイブ: 2016年10月

借地権の違い

借地権は建物を所有する時に必要になるもので、これにはいくつかの種類があります。将来的に建物を建てたいなどの希望がある場合には、あらかじめ知識として知っておく事が大切です。当サイトでは借地権の種類に関する情報を紹介しています。

借地権の種類には建物を所有する場合、地上権と賃借権のふた通りに分かれます。これらの違いは地上権は土地の権利の事を主に示していて、建物を別の人に売却する際などに関するものです。対して賃借権については、物件を貸したり売却したりする際には、地主の承諾を得る必要が出てくるなどの違いがあります。

ちなみに借地権というのは自分にとって無縁な話と考えられる事が多いかもしれませんが、一概にそうとは言いません。例えば住宅物件を購入する際などに、借地権が一緒についているものがあります。これは賃貸物件とは異なり、借地という事で物件だけではなく、土地を借りているという事となるため、所有者のある物件を購入するのとは異なり、やや価格が安くなるという傾向にあります。

また、借地借家法で新設されたものとして、普通借地権と定期借地権があります。これらは契約更新の際に自動的に更新されるなどの違いがあったり、貸し出しの際に承諾が必要になったりするなど、様々な違いがあります。建物を建てるという際に必要な知識となりますので、将来的に土地を所有したり、物件を立てたりする事を検討している場合には、知識として得ておくのが良いのではないでしょうか。当サイトではこれら借地権に関する情報を紹介しています。興味がある方はぜひ、チェックしていてはいかがでしょう。